SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社

お客様本位の業務運営について

【顧客本位の業務運営に関する方針の策定・公表等】

原則1.金融事業者は、顧客本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定・公表するとともに、当該方針に係る取組状況を定期的に公表すべきである。当該方針は、より良い業務運営を実現するため、定期的に見直されるべきである。

[取組方針]
当社は、投資運用業者としてプロフェッショナリズムを堅持し、お客様の最善の利益のために業務運営を行います。当社は、お客様本位の業務運営を実現するための明確な方針を策定し、これを公表いたします。当該方針は、より良い業務運営を実現するために定期的に見直しを行っていきます。

【顧客の最善の利益の追求】

原則2.金融事業者は、高度の専門性と職業倫理を保持し、顧客に対して誠実・公正に業務を行い、顧客の最善の利益を図るべきである。金融事業者は、こうした業務運営が企業文化として定着するよう努めるべきである。

[取組方針]
お客様のニーズにあった商品の開発と提供に取り組みます。当社は、投資運用業者として高度の専門性と職業倫理を保持するとともに、商品の組成にあたっては、お客様の最善の利益を追求します。

【利益相反の適切な管理】

原則3.金融事業者は、取引における顧客との利益相反の可能性について正確に把握し、利益相反の可能性がある場合には、当該利益相反を適切に管理すべきである。金融事業者は、そのための具体的な対応方針をあらかじめ策定すべきである。

[取組方針]
各種社内ルールを通じて適切な利益相反管理体制構築に努めます。お客さまのニーズや適合性に合わせた商品の設定に向けて、投資信託の運用の外部委託を行う場合は、運用者について客観的能力等を総合的に判断して選定を行います。

【手数料等の明確化】

原則4.金融事業者は、名目を問わず、顧客が負担する手数料その他の費用の詳細を、当該手数料等がどのようなサービスの対価に関するものかを含め、顧客が理解できるよう情報提供すべきである。

[取組方針]
交付目論見書や販売資料などに手数料等をわかりやすく明記します。開示資料の作成にあたっては、よりお客様が理解しやすい情報提供に努めます。

【重要な情報の分かりやすい提供】

原則5.金融事業者は、顧客との情報の非対称性があることを踏まえ、上記原則4に示された事項のほか、金融商品・サービスの販売・推奨等に係る重要な情報を顧客が理解できるよう分かりやすく提供すべきである。

[取組方針]
投資戦略や投資方針、またリスクに関する説明についても、分かりやすい表現を用いるとともに、お客様の投資判断に影響を与える重要な情報の記載にあたっては、目立つように強調して記載するなど、丁寧な情報提供に努めます。

【顧客にふさわしいサービスの提供】

原則6.金融事業者は、顧客の資産状況、取引経験、知識及び取引目的・ニーズを把握し、当該顧客にふさわしい金融商品・サービスの組成、販売・推奨等を行うべきである。

[取組方針]
お客様の様々な投資目的等に適合した商品組成を目指すとともに、お客様にふさわしい金融商品やソリューションを提供するよう努めます。

【従業員に対する適切な動機づけの枠組み等】

原則7.金融事業者は、顧客の最善の利益を追求するための行動、顧客の公正な取扱い、利益相反の適切な管理等を促進するように設計された報酬・業績評価体系、従業員研修その他の適切な動機づけの枠組みや適切なガバナンス体制を整備すべきである。

[取組方針]
当社は、お客様本位の業務運営の定着を目指して、従業員研修を実施する他、適切なガバナンス体制の構築に向けて体制の整備を目指していきます。


SBIボンド・インベストメント・マネジメント株式会社